[Interview] Hinds~スペイン発・次世代ローファイガールズバンドに独占インタビュー!

Hindsの存在を知ったのは今年の5月ごろ。ゴールデンウィークにロンドンのRough Trade Eastを訪れた際に、ショップに彼女たちのポスターが貼ってあって、そのキュートでインディーなヴィジュアルに一瞬で心を奪われたのがキッカケでした。 もちろんローファイなサウンドもドンピシャで、個人的にこれから頑張ってほしいガールズバンドの1つです。 おそらくSwim DeepKid WaveCherry GlazerrMac DeMarcoDIIVあたりのサウンドや雰囲気が好きな人にはハマるのでは? 今回は、現在全米ツアー真っ最中、来年1月にデビューアルバムの発売が決まっている大忙しの彼女たちに運よくインタビューすることが出来ました。インタビューに加え、先月行われたロンドン公演のレビューも公開します!

無題

-カルロッタ、アナ、アデライダ、アンベル、こんにちは!

HOLAAA!! (こんにちは~!!)

-おそらく、日本の媒体ではこのHTEのインタビューが初めてになると思います。

そうなの!すごくワクワクしてる!

-まず、日本のファンに自己紹介をお願いします!(名前と歳、好きなアーティストとお気に入りの映画も教えてください)

カルロッタ・コシアルス (Vo. G.) 24歳 好きなバンド『Velvet Underground』 お気に入りの映画『ビッグ・リボウスキ』
アナ・ぺロタ (Vo. G.) 21歳 好きなバンド『Mac Demarco』 お気に入りの映画 『WALL-E ウォーリー』
アデ・マルティン (B) 23歳 好きなバンド『The Strokes』 お気に入りの映画 『マスター・アンド・コマンダー』
アンベル・グリンベルゲン (D)19歳 好きなバンド『Bob Dylan』 お気に入りの映画 『レザボア・ドッグス』

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

-あなたたちがどのように出会ってバンドを結成したのか教えてください。

私たち皆それぞれバラバラに出会ったんだよね。カルロッタとアナは6年前、お互いの元カレを通して知り合って、アデとは4年くらい前にカルロッタの親友がアデと付き合い始めたのをキッカケ。アンベルとは、バンドのドラマーを探していたときに出会ったよ。2年くらい前かな!
私たち(カルロッタとアナ)は2013年に「Deers」としてバンドを始めて、スペインの海岸線を旅行しながらカバー曲をプレイしたんだけど、2回も最悪なギグを経験して一旦活動を休むことにしたんだよね。ちょっとしてからバンド活動をまた始めて、本格的に自分たちで曲を書いて、友達とリハーサルスタジオでレコーディングして、インターネットに曲をアップしたら、その翌朝に世界中のブログで私たちの曲がフィーチャーされていてすごくビックリしたのを今でも覚えてる!それからすぐにドラマーを探して、アンベルと出会って、アデにもバンドに加わってもらって4ピースバンドとしてリハーサルを始めたって感じ。2014年4月26日に初のギグまで本当にあっという間だった。

 

-デモをリリースした後、デュオ「Deers」からバンド「Hinds」へと変貌を遂げたわけですが、DeersとHindsでは何が一番大きな違いだと思いますか?

2人でプレイしていた時はアコースティックだったから、オーディエンスが手を叩くことがドラムの役割だったんだよね。ドラムとベースがいなかったから、デモのレコーディングはアナがベースを担当、カルロッタがドラムを叩いてる。デモの次にリリースされた”Burn”っていう4人でプレイした曲を聞いてもらえれば、その大きな違いが分かると思うんだけど。それぞれが自分の担当する楽器を演奏できたからデモの時みたいに滅茶苦茶なサウンドにはなっていないはず!笑 いまの自分たちのサウンドを気にいっているし、2人でやってた時よりもっとパワフルで完成されたものになっていると思う!

YouTube Preview Image

-バンド名を「Deers」から「Hinds」 (同じく雌ジカの意味)へと変更した経緯と、なぜそこまでシカにこだわるのか教えてください!

Hahaaah、そんなにシカにこだわっているつもりはないんだけどね~。特に大きな意味があるっていう訳でもなくて、『ハリー・ポッター』の“エクスペクトパトローナム!”っていう呪文を唱える時に出てくるから。このバンド名は、バケーションでビーチにいる時に思いついたんだけど、まさかこの「Hinds」っていうバンド名がグラストンベリー・フェスティバルのラインナップに載るとは思ってもみなかった!

バンド名を変更したことについてだけど、カナダのバンドに「“Deers”っていうバンド名が似ているから変えてくれ」(名前も意味も全く違うにも関わらず)って言われちゃったから「Hinds」に変えたの。Deersを引き継ぐような同じ意味の単語は何かないかみんなでアイディアを出し合って、最終的にHindsに決まったっていう感じかな。

deers-hinds

deers-hinds-blackboard

-影響されたアーティストや作家がいたら教えてください。

沢山いるから選べない!!クエンティン・タランティーノ, ピクサー・アニメーション, ウェス・アンダーソンとかの映画も好きだし、ミュージックビデオで言うとCanada、Pedro Martin Calero、 John Strong、 本は MAUS、A Happy World、Wilt、Trainspotting、影響されたアーティストで言うと、The Black Lips、Mac Demarco、Devendra Barnhart、The Virgins、Miqui Brightside、The Parrots、Los Nastys、Lois、Lana Del Rey、Shannon And The Clams、Glass Animals、Twin Peaks、The Furs、Ty Segall…私たちって、本当に沢山のものからインスピレーションを受けてるんだよね。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

-もし男の子のメンバーがHindsに加わったらどうなると思いますか?

Haha! 多分その人やタイミングにもよるけど、私たちはバンド結成前から大親友だったから、誰か知らない人が私たちのバンやモーテル、リハーサルにいるって考えるとすっごく変な感じ。考えられない!

-あなたたちのデビューアルバム『Leave Me Alone』のリリースをすっごく楽しみにしています!アルバムについて聞かせて

アルバムのリリースは、今まで自分たちが成し遂げたものの中で一番大きなことだし、まさか自分たちがアルバムをリリース出来るなんて思ってもいなかった。この12曲をもうすぐ世界中にシェアできると思うと本当にワクワクする!アルバムを作る上で特にテーマとかは決めなかったんだけど、このアルバムはどの曲も愛について歌ってて、自分たちが今までに見たこと、経験したこと、わたしたちの夢が詰まってる。

 

-今後の目標や夢があれば教えてください。

現在の私たちは、ツアーが80%、アルバムについての仕事(ミュージックビデオやシングル、ジャケット、インタビューなど)が20%で、今は“長くツアーが続くような良いアルバムをつくる”ということが目標かな。

-最後に日本のファンへメッセージをお願いします!

“GUYS WE DON’T KNOW YOU, YOU DON’T KNOW US BUT THAT’S GONNA CHANGE SOON, WE PROMISE. I’m looking forward to seeing you in Tokyo sometime!”
(お互いまだ知らないもの同士だけれど、この状況はすぐに変わるはず。約束する。みんなに東京で会えるのを楽しみしてるね!)

 

=Hinds ライブレビュー=

9月4日 ロンドン公演 (at Moth Club)

moth club

image_00002

可愛らしさの中にワイルドな一面を兼ね備える、スペイン発の4人組ガールズバンドHinds。東ロンドンに新しくオープンしたMoth Clubでのライブに行ってきた。この夜はMoth Clubのオープニングナイトで、キラキラ光るゴールドのフリンジカーテンで覆われた会場では、彼女らのレーベル”Burger Records”にちなんだフィンガーフードやスナックが振る舞われ、ビンゴ大会が開催されていた。ライブが始まると会場は超満員。物凄い熱気の中でみくちゃになりながら、最前列で彼女たちのパフォーマンスを見ることが出来た。このライブではカバーも含め、全10曲を披露。最後の曲ではオーディエンスもステージに上がり、パーティー状態に…!ライブ終了後、会場はロックンロールディスコに変貌。Joy DivisionやDIIV、ESG+Siouxsie 、The Bancheesが流れ、Hindsのメンバーたちも会場に登場。ファンたちと話したり写真を撮ったり、楽しんでいる様子だった。熱いパフォーマンスを見せてくれたHinds。アルバムの発売が楽しみだ。 

image_00003

live review ・photo by Mona Cordes

忙しい中インタビューに答えてくれたHindsに感謝!影響されたものの中にWes AndersonやMac Demarcoを挙げる点にとっても親近感が沸きました。アルバム『Leave Me Alone』の発売は来年1月。今から発売が待ち遠しいです!!

彼女たちの最新シングル”San Diego”と”Garden”のMVもぜひチェックしてみてくださいね!

YouTube Preview Image

Hindsに関連して、これから注目したい女の子がメインボーカルを務める若手バンド「Sunflower Bean」「Kid Wave」「Dream Wife」も合わせてチェックしていただけると嬉しいです!

YouTube Preview Image YouTube Preview Image YouTube Preview Image

interview ・ text by Yukika Tasaki

Leave Me Alone Leave Me Alone
Hinds

Imports 2016-01-15
売り上げランキング : 612736

Amazonで詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です