映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』 ザ・ビーチ・ボーイズ、ブライアン・ウィルソンの半生を描く

ブライアン・ウィルソンの栄光と挫折、知られざる半生を描く

時は1960年代、「Surfin’ U.S.A.」や「Fun, Fun, Fun」などが大ヒットし、人気の絶頂にいたザ・ビーチ・ボーイズ。楽曲作りに専念したいブライアン・ウィルソンはツアーから一人離脱して、スタジオに籠り新たな音を模索していた。いつしか、今までのスタイルを変えたくない他のメンバーとの間に亀裂が生じ始める。そんな状況の中、ブライアンが全精力を注いで完成させた新しいアルバム『Pet Sounds』は、売り上げが不振に終わってしまう。メンバー間での確執や度重なるプレッシャーによって彼は次第にドラッグに溺れていき……。

LOVE & MERCY

それから20年、すっかり表舞台から姿を消していたブライアンは、偶然立ち寄った車屋で出会った聡明な女性、メリンダと恋に落ちる。ドラッグの後遺症に悩まされていたブライアンをメリンダは懸命に支えるも、そこにはさまざまな困難が立ちはだかるのだった……。

生ける伝説として現在も活躍しているバンド、ザ・ビーチ・ボーイズの中心人物であるブライアン・ウィルソンの半生を60年代と80年代のふたつの時代にフォーカスして描いた本作。バンドが絶頂期を迎えながらも精神的に混乱と変調ときたしていた60年代のブライアンを『リトル・ミス・サンシャイン』や『ルビー・スパークス』のポール・ダノが演じている。自身もバンドのボーカルを務めているだけあって、彼が歌うビーチ・ボーイズの楽曲は完璧。穏やかな表情の裏に隠れる繊細で少し気難しい面とドラッグによって次第に奇行に走るエキセントリックな面を上手に演じ分けているのは、個性派俳優として活躍している彼ならではの手腕だろう。

また、ドラッグの後遺症と戦いながらも新たな人生を切り開いていく80年代のブライアンを『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックが演じている。ミステリアスな雰囲気をまとった彼ならではの存在感でどこか影のあるブライアン像を表現している。そして、そんなブライアンを支える女性、メリンダには『ハンガー・ゲーム』や『ピッチ・パーフェクト』シリーズのエリザベス・バンクス。 

音楽好きにとって本作の最大のポイントは、劇中で誰もが耳馴染みある彼らの代表曲が流れることと、ビートルズを始めとした数多くのアーティストに影響を与え、後に偉大なアルバムとして称される『Pet Sounds』の制作秘話が描かれていることだろう。あの楽曲のあの音がどんな発想から生まれたのかなど、当時の状況がリアルに描かれているので、名曲が生まれる瞬間が垣間見られるのも楽しい。ちなみに2010年にリリースされたMGMTの『Congratulations』を始め、ザ・ドラムスやサーファー・ブラッドなど、USインディ・ロック界隈で一時期、夏やサーフィンをテーマにした作品がブームになった際に一役買ったのもまぎれもなく、彼らビーチ・ボーイズの存在だったといえるだろう。(Chihiro Kurihara)

YouTube Preview Image

『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』
8/1(土)、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
loveandmercy-movie.jp/
© 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です