映画『ピッチ・パーフェクト』 ~パーフェクトなアカペラで世界をアゲる

Pitch Perfect

バーデン大学の女性アカペラ・グループ、「バーデン・ベラーズ」は、念願の全国アカペラ選手権出場を果たす。しかし、ソロパートを任されたオーブリーが緊張のあまりパフォーマンス中にオーディエンス向かって嘔吐するという最悪の悲劇で幕を閉じるのだった。—―その数ヶ月後、父のすすめで同大学に入学したベッカは、新入生勧誘ウィークで偶然アカペラの世界に遭遇する。将来はDJとして音楽業界で成功することを夢見ていた彼女は、最初は「ポップ・ソングをみんなでハモるアカペラなんてダサい」と感じていたが、オーブリーやその友人のクロエ、同じく新入生の“ファット”エイミーの誘いによってクラブ活動に参加することを決める。全国大会を目指して活動を始める彼女たちだったが、ライバルチームで、全国大会でも優勝を果たしたことのある男子グループ「トレブルメーカーズ」とのいざこざがあったり、チーム内で分裂が起こったりとその道のりは苦難を強いられ……。

アカペラでの全国優勝というひとつの目標に向かって、個性豊かな仲間たちが切磋琢磨する感動あり、爆笑ありの学園コメディー。映画が公開された2012年には本国アメリカではドラマ『グリー』がお茶の間に定着していたり、2009年にスタートしたアカペラ・オーディション番組『ザ・シング・オフ』が放送されていたりと、アカペラは何かとホットなカルチャーとなった。本作はカルチャー誌『GQ』で大学アカペラ界の密着記事を書いた編集者が執筆したノンフィクション「Pitch Perfect:The Quest for Collegiate A Cappella Glory」を基にした作品。公開当初はわずか335館限定だったものの口コミで話題が広まり全米各地で公開、MTVムービ・アワードやピープルズ・チョイス・アワードなどで様々な賞を受賞した。

『トワイライト』シリーズや『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』、最近では『イントゥ・ザ・ウッズ』や『ラスト5イヤーズ』などに出演しているアナ・ケンドリックを主演に、『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』に出演しているオーストラリア出身のコメディエンヌでもあるレベル・ウィルソン、『ヘアスプレー』で意地悪な女の子、アンバーを演じたブリタニー・スノーなどが脇を固める。最新のポップ・ソングからロックな楽曲までマッシュアップするアカペラシーンはもちろんのこと、キャラの濃いメンバーたちが織りなす演技の“ハーモニー”も見所。とくに“ファット”エイミーを演じるレベル・ウィルソンの天真爛漫なかわいさにはほれぼれ。ほかにも女子大生を演じるためにやたらとぴったりしたトップスを着用して主張しているアナ・ケンドリックの豊満なお胸にも注目してほしいところ。
 続編『ピッチ・パーフェクト2』の日本公開も決定。『スパイダーマン』シリーズや『ハンガー・ゲーム』シリーズに出演し、本作でもコミカルな演技を見せているエリザベス・バンクスが、引き続きプロデュースを務め、監督デビューを果たしているのでますます期待が高まる。(Chihiro Kurihara)

YouTube Preview Image

『ピッチ・パーフェクト』
5月29日(金) TOHOシネマズ六本木ヒルズ他 全国公開
http://pitch-perfect.jp
© 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です