Cut Copy – Metro Theatre, Sydney 05/08/2014

昨年11月に新作『Free Your Mind』をリリースした、豪州を代表するインディー・ダンス・バンド、カット・コピー( Cut Copy )が約3年振りの国内ツアーを行った。
ノンストップで世界ツアーやフェスティバルに励む4人だが、疲れた様子は全く見られず、オーストラリア版フランツ・フェルディナンドといった調子で、会場に集まったオーディエンスをこれでもか!という程に躍らせるつわものだ。
過去に一度だけサマソニでパフォーマンスを披露したものの、その後の再来日予定は未定のまま。「カット・コピーのライブが見たい!」という熱心な日本のファンのために、今回シドニーで取材して来ました。

Cut Copy

会場となったメトロ・シアターでは、今月彼らの他にもレーベル・メイトのザ・プリセッツや、ザ・ネイキッド・アンド・フェイマス、そして本誌でもお馴染みのテンプルズなど、豪華アーティスト達の公演で大きな盛り上がりを見せていた。
キャパは、1,500人程度とライブ・スペースにはベストな大きさだ。シドニーの中心街、チャイナタウンの一角にあり、夜中でも若者で溢れかえるこの地域は、眠らない街とも呼べる。
この日の公演は、見事ソールド・アウト。オーディエンスは20代、30代が大半、男女の比率は、男が多めで6、7割を占めていたが、いかにもエレクトロ・ダンス好きでオシャレな女の子達の姿も目立っていた。

カット・コピーのライブは、「We Are Explorers」からキックオフした。アップリフトなビートに、ややトロピカルなシンセ・ベースの印象から、ダンスフロアに立っているというよりは、リゾート地のプールにいる感覚。ラウドなドラム・ビートを味わえるのもライブならでは。フロントマン、ダン・ウィットフォードの熱心なエンターテイナーっぷりが、フランツのアレックス・カプラノスを思わせる。
続いて音楽好きなら誰もが知る「Take Me Over」の演奏に移る。そのバイブを一行で表せば、“パラダイスに迷い込む観客達と、ジャングルの野生動物に化けるバンドマン”、演奏開始と同時にシュールな雰囲気が醸し出された。そして味わい深くも爽やかなメロディー・ラインに、会場中が酔わされた。

今から10年程前に国中が恋に落ちたという名曲「Saturdays」の演奏の迫力ったらない!さすがDJダン(ヴォーカルのダンはDJとしても活躍中)。高揚感溢れる超ヘビーなベース・ラインに、心地良いスピード感を誇る完成度の高いリミックスに、観客が次々と踊りだし、絶妙な一体感を生み出した。あのバイブは本国ならではなのだろう。
ステージ上で暴れるギターのティムが、白く長いタオルで力強くシンバルを叩くシーンからスタートする「Let Me Show You Love」は、そのとびきりユニークなセットが注目を浴びた。ステージのバックに飾られた、目眩を引き起こす過激な映像と共に“セックス・ドラッグ・ダンス・ミュージック”の世界観を上品に演出する辺りが職人技。
ラストスパートの「Meet Me In A House Of Love」から「Lights and Music」の繋ぎの洗練さ x カッコよさは業界人の間でも非常に評価が高く見事なまでのダンス・アンセムだ。
特に、“叶わない恋に夢見る非現実性”が引き立てる「Lights and Music」特有の世界観は、まず他では味わえないだろう。
アンコールの「Need You Now」で公演終了。3rdアルバム『Zonoscope』の一曲目という事実もあり、ライブ終了なのに“パーティーはこれから!”といったメッセージが伝わる所がなんとも面白い。
カット・コピーの凄さは、聴いていると現実逃避感に浸れる事と、常夏の海に飛び込むようなパラダイス気分を味わえる事なのだろう。そんな彼らの新作『Free Your Mind』は夏のサウンド・トラックにもピッタリです。

text & photo : Reina Shimada

===Setlist===
We Are Explorers
Take Me Over
Free Your Mind
Where I’m Going
In Memory Capsule
So Haunted
Hearts On Fire
Saturdays
Feel the Love
Out There On the Ice
Let Me Show You Love
Meet Me In A House Of Love
Lights and Music

(encore)
Need You Now

Free Your Mind Free Your Mind
Cut Copy

Republic
売り上げランキング : 94729

Amazonで詳しく見る by AZlink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です