[Interview] Grimes

Posted on 2012.08.01 
Filed Under interview

最新号の裏表紙にもなっているグライムスへ行ったメールインタビューを、サマーソニックでの初来日を前に紹介します。新作のことから、好きな映画、文学、ファッションのことまで聞いてみました。


Interview : Chihiro Kurihara
Translation : Minae Tani

Grimes

- 3作目にして様々なメディアから大きく注目を集めるようになったと思いますが、今の状況をどのように感じていますか? 
また、なぜ今のタイミングだったと思いますか? 
あなたの見解を聞かせてください。

すごく気に入ってる。ずっと音楽をやることだけ考えてきたから、今みたいな生活ができるなんてアメイジング。
いきなりのブレイクは偶然の積み重なりだと思う。自分は正しい時に正しい場所にいたんだと思う。
音楽への評価って本当に主観的だから、なぜこれがブレイクして他のものがしないかなんて誰にも分からない。

- 新作について聞きたいのですが、今作を制作する際にインスピレーションを得るために3週間の”修行”を続けたそうですね。
具体的にこの3週間はどのような生活を送ってきたのでしょう? 
この体験が音楽に反映されているのでしょうか?

作品がとても簡潔なものになったと思う。なぜなら、私は3週間の間本当にそれだけに集中したから。
外界からの刺激は一切なくて完全なる狂気の状態に自分の身をおくことが出来たの。
刺激のない世界には音楽が満ちるみたい。
そこから私はアルバムを産み出したの。

- 『Visions』を制作する際、あらかじめテーマやビジョンはありましたか? 
また、音楽的にインスピレーションを受けた作品があれば教えてください。

牧歌的でフローラルで、それでいて恐ろしいアルバムを作りたかっただけ。
TLCや、ダンジョン・ファミリー、マライア・キャリー、エイフェックス・ツインやオウテカなんかを聴いてた。
でもインスピレーション源は生活全般よ。音楽だけじゃなくて、全て。

- グライムス=Claire Boucher創作活動全般という認識でいいのでしょうか?
絵やビデオも監督もGRIMESの名の下でやっていますよね。
Claire Boucherとグライムスの違いを教えてください。

ただ私の名前が好きじゃないの(笑)。
グライムスとClaire Boucherは同じことよ。
ただ、“Claire”ってかっこ悪いしつまんないと思ったの。

- 現在、ミュージックシーンでは女性のアーティストが成功を収めている例がたくさんありますよね。
この状況をどう感じていますか?

良い事だと思う。
数年前、Pichiforkを読みながら、友だちに「TOPページにいるのは男ばっかり」って言っていたのを思い出す。
それにはドキッとしたの。
そして突然、そういった女性アーティストたちが素晴らしくて革新的な音楽を作り出した。
それはとても素敵なことで、すごく重要な時期だなって感じる。

- レナ・ダナムのドラマ『Girls』などに代表されるように、いわゆる世界の「女の子像」が変わってきていると思います。
プッシーリングを作ったり、その、どこかファンタジックで毒のあるPVの世界観を見ても、あなたは新たな「女の子像」のひとつのように感じるのですが、あなたの理想の女の子とはどのような女性でしょうか?

私は「女の子」というようにはアイデンティファイしない。
私はジェンダーを定義する事が本当に好きじゃないの。それは概念だから。
生物学上に男女に違いはあっても「女の子」という概念は道徳的なものでしょ。
もちろんそれは伝統的なフェミニズムを否定しているわけではなくて。フェミニズムの考え方は本当に美しいと思う。
プッシーリングも、女性器に対してアグレッシブになろうと思ったの。男の子がいつもしてるように。
特に「こういう人が絶対的にクールなタイプ」という考えは持ってない。
男とか女とかその間にいる人たちとかは問わず、自分のやりたいことをやってる人がカッコイイと思う。

- インターネットが発達し、どこにいても海外アーティストの音楽が簡単に聴けたり、ましてや今どこにいて何をしているかまで分かる時代になっていると思います。
それはとても便利なことですが、個人的にはアーティストがあまりにも身近な存在になってしまうのが悲しくもあります。
でもあなたの場合はそういったネットを通してさまざまな情報を発信しながらもアーティストとしての質を保つかっこいい存在だと思います。
グライムスとしての自分の見せ方などで気を遣っていることがあれば教えてください。

個人的なプライバシーは守りたいと思ってる。
自分を表現したいと思っていて、多分思いすぎてて、だからツイッターをたくさん使っている。
でもそれはほとんどがふざけているか、主に最近のケベックでの暴動のように重要なことへの認識を広めたりするため。
もし人々が私の言葉に耳を傾けてくれるなら、私はそれをうまく利用するべきだと思う、でも公に晒されすぎるのは嫌。
電話やフェイスブックは使わない、ツイッターだけ。
本当に大切なものの多くは自分だけのものとして留めておきたいの。

Grimes

- あなた自身についても聞きたいのですが、小さいときに好きだった事を教えてください。
また高校生の時はどんな生徒だったのでしょう?

できの悪い生徒でよく家に帰ってた。
私はゴスだったの。
若い時は、ボーイッシュな女の子だったと思う。
ヒップ・ホップとブリンク 182が好きで、大きくなったらアーティストになりたいと思ってた(笑)。
漫画をたくさん書いて、蜂を収集してた。

- あなたの世界観を形作ったアート作品(映画、漫画、小説、音楽)を教えてください。

お気に入りの監督は、ヴェルナー・ヘルツォークとアンドレイ・タルコフスキー。
ラース・フォン・トリアー、デヴィッド・リンチ、ギャスパー・ノエ、グレッグ・アラキも好き。
この人たちはアーティストとしての私にとってすごく重要。
お気に入りの画家は、ヒエロニムス・ボス。
好きな漫画は『AKIRA アキラ』。
アニメは『獣兵衛忍風帖(Ninja Scroll)』。
小説は『指輪物語』、『デューン』、『ハリー・ポッター』(ダサいかもしれないけど、事実だから)。
あと、ミハイル・ブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』と、ドストエフスキー『白痴』も好き。

- ファッションがとても個性的で、なおかつ親しみやすい可愛さがあると思います。
そういったファッションはどういうところからインスパイアされるのですか? 
また、こだわっていることを教えてください。

うーん、私はかわいいけど同時に攻撃的なものがすごく好きなの。
この考えは日本では普通にあるけど、こっちではみんなそういうことができないみたい。
たとえば、ほとんどの宮崎アニメのヒロインは若い女の子たちだけど、体力も精神力もとても強い。
ときどき凶暴で、武器の扱いが上手くて、美しさが備わっていて(でも魔性の女って感じじゃなくて)。
欧米の女性は、見た目が攻撃的なときにしか強さが感じられないと思う。
そしてもう少し年上でセクシー。その理由が必要なのか私にはよくわからない。
私はただ良い靴が欲しいだけ。ちゃんと歩けるやつ。コンバット・ブーツが好き。
服はそのまま寝られるのが好き。だってツアーをたくさんしているし、よく動く生活だから。
でも、それでもかっこよくないと嫌だけどね。
私がレオタードとかみたいなのをよく着るのはそういう理由。

- トトロが写っている写真がありますが、もし日本のアニメや漫画が好きだったら、どういったところが好きなのか教えてください。

私はずっとアニメや漫画に夢中だった(^-^)。
肉体的にも精神的にも強くなれるんだけど、かわいくて女性らしいヒロイン像がとても強烈で好きなの。
かわいいものと怖いものが一緒になってるのが好き。
それは漫画やアニメ以外の分野ではあんまり見かけないし。
美しいアニメやハマっちゃう漫画がいっぱいあるの。
お気に入りは『獣兵衛忍風帖(Ninja Scroll)』。

grimes

ヴィジョンズ ヴィジョンズ
グライムス マジカル・クラウズ ドルドラムス

ホステス 2012-06-06
売り上げランキング : 14607

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tags:

Comments

Leave a Comment. コメントをどうぞ。




back issues